• fecebool
  • twitter
  • insta
  • pinta
  • line
こころに
春を
よろこぶお酒。
宮寒梅。
こころに春を喜ぶお酒。宮寒梅

その蓋を静かに開けてみてください。
まるで梅の花がほころぶように、あでやかな香りが漂います。

春をつくりたい。私たちはそう思っています。
米と麹でみんなの胸に、雪解けの陽気を吹き込みたい。

私たちは宮寒梅。こころに春をよぶお酒です。
そっと目を閉じて、まずは一口。
きっと花咲く季節の味がします。

その蓋を静かに開けてみてください。
まるで梅の花がほころぶように、
あでやかな香りが漂います。

春をつくりたい。私たちはそう思っています。
米と麹でみんなの胸に、
雪解けの陽気を吹き込みたい。

私たちは宮寒梅。こころに春をよぶお酒です。
そっと目を閉じて、まずは一口。
きっと花咲く季節の味がします。

NEWS

  • 2018.11.13 【新酒生酒】宮寒梅 純米吟醸45%おりがらみ 発売中!
  • 2018.9.7 純米大吟醸19% 吟髄 9月19日発売開始
  • 2018.8.30 寄付型商品「純米吟醸 ハロウィンラベル」

まるで一杯の祝福のよう。
そんなお酒がつくれたらと
思っています。

口にした人のこころを想像しながら、
私たちはお酒をつくっています。
おこがましい話ですが、つまり、
こころをつくりたいと思っているのです。
惜しみのない祝福を受けたような、
いっときの華やぐこころをつくれればと。

田んぼに囲まれた酒蔵です。
家族の手で、せっせと
米をこしらえています。

お酒の元になる米は、
自分たちの手で育てたいと思っています。
米づくりから、お酒の味わいを
突き詰めてゆければと。
だから実のところ一年の半分ほど、
私たちは田に働く百姓です。

日常から特別な日まで
ぜひご一緒できれば。

日頃飲む、定番のお酒に選ばれたい。
…と願いつつ、晴れの日に飲む
特別なお酒にも選んでほしい。
と、よくばりなことを考えてしまいます。
すると、ラインナップが増えてしまいました。
どうかお口にあいますよう。

PAGE TOP▲