• fecebool
  • twitter
  • insta
  • pinta
  • line
華やぐ
春の気持ちを
醸したい。
私たちのお酒づくりは、つくしがのぞく春の手前に酒蔵の表で始まります。 稲の種もみを土に播きつけ、いい苗床を養うことから。日本酒とは、米の果実酒です。 美味しいお酒はつまるところ、美味しい田の実の輝かしい生まれ変わりに他なりません。 私たちは、自社田で米を育てています。 秋も暮れを迎える頃、寒梅酒造の小さな蔵は、ゆれる金の稲穂の真ん中にあります。

こころに春をよぶお酒 宮寒梅 | 宮寒梅

自社栽培米を
使用しています。

酒蔵の前には、先祖伝来の田んぼがのそりと横たわっています。天から授かった土と水は、私たちのひそかな誉れ。寒梅酒造のお酒は、その2割に自社田育ちの酒米を使用しています。酒づくりは米づくりからと、創業時より伝えられてきました。米を知り、そうして酒を知るとも。稲作に労をかけ、米というこの不思議な穀物について理解を積み上げてゆくのが、この蔵元の昔からのよき習わしのように思います。今年も良米に恵まれますよう。

こころに春をよぶお酒 宮寒梅 | 宮寒梅

4種類の酒米を
育てています。

私たちの田んぼでは「美山錦」「愛国」「ひより」「山田錦」の4種類の酒米を手がけています。ずいぶん多いと思います。「山田錦」は酒米の雄として、広くその名が知られるようになりましたが、もちろん実際の味わいは、品種ごとにそれぞれ個別の美質があります。米の個性を丹念に研究して、さまざまな品種の深いところを、ひとつひとつ日本酒にうつしかえられたらと願っています。

こころに春をよぶお酒 宮寒梅 | 宮寒梅

自社米のほかは、
すべて宮城県産の米です。

蔵元はいずこも地元に愛着があるものです。その土地の水や空気が日本一とまっすぐ信じて日本酒をつくっています。私たちもまた宮城を深く愛しています。多少の身びいき込みとはいえ、水や空気のみならず宮城の大地が生む酒米の豊かなポテンシャルに惚れ、宮城県産の米にこだわって日々醸造しています。かつて震災で蔵が崩れた私たちは、地元の慮りに存分に助けられました。微力ではありますが、今度はそんな地元を支え、盛り上げてゆく一助になりたいと考えています。

米づくりの流れ

種まき

4月 種まき

土をつめた育苗箱に種モミをまき、ビニールハウスの中などでまずは苗を育てます。田植えができる大きさ(丈15cmほど)に育つまで約1ヵ月かかります。

代搔き

5月 代搔き

田植えの前に代搔き(しろかき)をします。田に水をはり、そこの土をたいらにするのです。水の深さが揃うため、肥料がまんべんなく行き渡ります。

田植え

6月 田植え

育苗箱の苗を水田に植えます。列と列の間を30cm、株と株の間を18cm前後に調整します。機嫌よく苗が育つ距離感が大事です。

草取り・除中

7月 草取り・除中

このころはまだ葉と茎だけ。幼い穂は茎の中に眠っています。周囲の雑草や害虫にこまめに気を配りならが、稲の生長を見守ります

受粉

8月 受粉

穂が顔を出すと、それからすぐに花が咲きます。稲は、雄しべの花粉が同じ花の雌しべにつく「自家受粉」なので、とても小さな花となります。

収穫

9月 収穫

黄金色に田んぼが輝く9月末頃が収穫時期。コンバインという機械で稲を刈り取ります。収穫した稲は穂先の籾だけを取り除き、中の玄米を乾燥させます。
そして、お酒づくりの季節へと・・・。
PAGE TOP▲